鳥対策をする

マンションのベランダは鳥たちの格好の休息場所

都会のマンションにおいては、郊外の一戸建てなどに比べると虫や動物などの被害に悩まされることが比較的少ないと言えます。ただし例外はあります。それが鳥害です。マンションのベランダは鳥たちにとって格好の「止まり木」代わりになりますし、油断していると巣を作った卵を生みつけたりして、駆除するのに苦労します。 しかし注意しなければならないのは、自ら鳥を招き寄せるよせるような環境を作ってしまっていないかということです。ベランダに乱雑にモノを置いたまま放置していると、鳥たちは警戒心を和らげて集まってきてしまいます。常に整理整頓を心がけ、羽根やフンなどが落ちていたらすぐに掃除するようにしておくと、鳥たちに「ここは居心地が悪い居場所」というサインを送ることができます。

本格的な対策はプロに依頼

しかしそれでも効き目がないときがあります。特に鳩は古くから人里に近い場所に生息してきたため、簡単には駆除できません。そうなると、きちんと対策を取る必要があります。 鳩の駆除方法には、自分でできるものとプロが行うものとがあります。自分でできる方法としては先に述べた整理整頓のほか、ホームセンターなどで市販されている目玉風船や鳥よけ剣山などを買って取り付けるといったものがあります。これらは手軽に導入できるというメリットがありますが、鳩が慣れてきてしまうと効果が薄れてしまいます。 そうなったときは、専門業者に本格的な駆除を依頼することになります。具体的には鳥よけネットやテグスの設置、鳩のいやがる匂いを発する忌避剤の散布などがあります。自分でやるよりもコストはかかりますが、その分効果が長持ちします。