対抗は大変

大切な家を食べてしまいます

ほとんどの人の場合、家を建てることは一生の内、1度あるかないかの大仕事です。そして、家を建てるために高額な住宅ローンを組み、定年するまでローンを支払い続ける人も多いのです。 シロアリは、そんな大切な家を食べてしまいます。ですから、恐ろしい害虫と言わざるを得ません。日本では、家を食べてしまうシロアリには、4種類ほど知られていて、その中の2種類が主に被害を出しています。 彼らは、地中から床下へと移動して行きますから、最初に床下に使われている木材から食べていくことになります。特に、木材が湿っている部分を好むため、水を使う台所やふろ場周辺に被害が集中するのです。 そして、床が軟らかくなったりすることで、気が付く場合があるのです。

駆除をするのは大変な作業です

シロアリ駆除をするのは大変な作業です。なぜなら、殺虫剤を使ってシロアリを退治するだけでは済まないからです。食べられてしまった木材は取り除き、補修をする必要が出てくるのです。そして、駆除にかかる料金の他に、家の補修にも高額な費用がかかって来ることになるのです。 ですから、そうなってしまう前に、定期的なシロアリ予防対策が必要になります。これは、最初に食べられてしまう床下の木材に、殺虫剤を散布することで行います。 最近では、自分たちで殺虫剤を散布する人も現れていますが、確実性を考えると豊富な実績を持った害虫駆除業者に依頼した方が安心と言えるのです。 害虫駆除業者は、ネットで探すことができ、口コミ情報等で評判も分かります。